2010年08月08日

直木賞受賞・野坂昭如の大衆文学『火垂るの墓』感想

‘蛍の墓’と間違われますが‘火垂る(ホタルの墓’です。
アニメ制作会社スタジオジブリによる『アニメ映画 火垂るの墓』も有名な作品。
娯楽文芸系の直木賞受賞作品ながら、テーマは戦争・反戦になります。

(但し作中、明確に反戦を訴えているシーンはありません。
 あくまで容赦のない現実の残酷さを見せ付けることに帰結しています。)

あらすじは、
終戦間近の神戸に突然B29の大編隊が襲いかかった。
清太と節子の兄妹は空襲の混乱の中、母親を亡くし、家を焼け出される。
路頭に迷った兄妹はやむなく小母の家へ身を寄せることにするが、
そこでも生活が苦しくなるに従って小母とのいさかいが絶えなくなり、清太は家を出る決心をする。
荷物をリヤカーに積み込み、横穴壕でままごとのような二人の新しい生活が始まるが、やがて食糧も尽き…。

アニメ映画版のキャッチコピーは、4歳と14歳で、生きようと思った

感想としては、文章の特異さがとにかく目につきます。
改行・句読点が少なく短編ながらページ数以上の厚みを感じさせる出来になっています。

比較として、アニメ映画は原作に沿ってほぼ忠実に作られています。
しかし数箇所、監督により変更・加筆されているシーンもあり印象的なところとしては、
劇中、重要なキーとして登場する『サクマ式ドロップス』ですが原作では話に絡みません。
節子の遺骨をドロップ缶に納めて身に付けていたという説明が始めにあるだけです。

節子の名シーン‘ドロップとおはじきの件’は、アニメオリジナルの設定になります。
あのシーンで違和感無く感動された方は、高畑勲監督の術中に嵌まったということですね。
(原作者の野坂昭如をして「いや、アニメ、恐るべしですね」と言わしめました。
 こちらはDVDの特典映像にも収録されています。)

余談ですがアニメ映画は、封切り前の広告代理店などマスコミ関係者への説明で 
「ルネ・クレマン監督の映画『禁じられた遊び』の様な作品です」
と販促宣伝した、とスタジオジブリのプロデューサー鈴木敏夫が著書『映画道楽』で述べています。

私的には、この作品が好きな方は映画『風が吹くとき』も好まれるのではないかと思います。

人気を受けて、のちに小母をメインにした『実写ドラマ版』『実写映画版』が公開されました。


アメリカひじき・火垂るの墓 (新潮文庫)

アメリカひじき・火垂るの墓 (新潮文庫)

  • 作者: 野坂 昭如
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 1972/01
  • メディア: 文庫




【関連する記事】
posted by 七草〔図書館戦争、面白い〕 at 11:34| ライトノベル書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月07日

メフィスト賞受賞作家歴代リスト【公募新人賞】

エンターテインメント系公募新人賞「講談社メフィスト賞」の
受賞作家作品一覧─

主催  :講談社
選考委員:講談社文芸図書第三編集部
賞金  :なし

第0回…京極夏彦『姑獲鳥の夏 (講談社ノベルス)』(賞誕生の発端作品)
--------------------------------------------------------------------------------

第1回…森博嗣 『すべてがFになる (講談社ノベルス)
第2回…清涼院流水『コズミック (講談社ノベルス)
第3回…蘇部健一『六枚のとんかつ (講談社ノベルス)
第4回…乾くるみ『Jの神話 (講談社ノベルス)
第5回…浦賀和宏『記憶の果て (講談社ノベルス)
第6回…積木鏡介『歪んだ創世記 (講談社ノベルス)
第7回…新堂冬樹『血塗られた神話 (講談社ノベルス)
第8回…浅暮三文『ダブ(エ)ストン街道 (Mephisto club)
第9回…高田崇史『QED 百人一首の呪 (講談社ノベルス)
第10回…中島望 『Kの流儀―フルコンタクト・ゲーム (講談社ノベルス)』 

--------------------------------------------------------------------------------

第11回…高里椎奈『銀の檻を溶かして 薬屋探偵妖綺談 (講談社ノベルス)
第12回…霧舎巧 『ドッペルゲンガー宮 《あかずの扉》研究会流氷館へ (講談社ノベルス)
第13回…殊能将之『ハサミ男 (講談社ノベルス)
第14回…古処誠二『UNKNOWN (講談社ノベルス)
第15回…氷川透 『真っ暗な夜明け (講談社ノベルス)
第16回…黒田研二『ウェディング・ドレス (講談社ノベルス)
第17回…古泉迦十『火蛾 (講談社ノベルス)
第18回…石崎幸二『日曜日の沈黙 (講談社ノベルス)
第19回…舞城王太郎『煙か土か食い物 (講談社ノベルス)
第20回…秋月涼介『月長石の魔犬 (講談社ノベルス)

--------------------------------------------------------------------------------

第21回…佐藤友哉『フリッカー式 鏡公彦にうってつけの殺人 (講談社ノベルス)
第22回…津村巧 『DOOMSDAY―審判の夜 (講談社ノベルス)
第23回…西尾維新『クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社ノベルス)
第24回…北山猛邦『『クロック城』殺人事件 (講談社ノベルス)
第25回…日明恩 『それでも、警官は微笑う
第26回…石黒耀 『死都日本
第27回…生垣真太郎『フレームアウト (講談社ノベルス)
第28回…関田涙 『蜜の森の凍える女神 (講談社ノベルス)
第29回…小路幸也『空を見上げる古い歌を口ずさむ (Pulp‐town fiction)
第30回…矢野龍王『極限推理コロシアム (講談社ノベルス)

--------------------------------------------------------------------------------

第31回…辻村深月『冷たい校舎の時は止まる (上) (講談社ノベルズ) 上・中・下』
第32回…真梨幸子『孤虫症
第33回…森山赳志『黙過の代償 (講談社ノベルス)
第34回…岡崎隼人『少女は踊る暗い腹の中踊る (講談社ノベルス)
第35回…古野まほろ『天帝のはしたなき果実 (講談社ノベルス)
第36回…深水黎一郎『ウルチモ・トルッコ 犯人はあなただ ! (講談社ノベルス)
第37回…汀こるもの『パラダイス・クローズド THANATOS (講談社ノベルス)
第38回…輪渡颯介『掘割で笑う女 浪人左門あやかし指南 (講談社ノベルス)
第39回…二郎遊真『マネーロード
第40回…望月守宮『無貌伝 ~双児の子ら~ (講談社ノベルス)

--------------------------------------------------------------------------------

第41回…赤星香一郎『虫とりのうた (講談社ノベルス)
第42回…白河三兎『プールの底に眠る (講談社ノベルス)
第43回…天祢涼 『キョウカンカク (講談社ノベルス)
第44回…丸山天寿『琅邪の鬼 (講談社ノベルス)

posted by 七草〔図書館戦争、面白い〕 at 09:24| Comment(0) | ライトノベル新人賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月04日

乱歩賞受賞のライトノベル出身作家の系譜

ライトノベルでデビューした作家が
活動の場を一般文芸に移籍・越境した人は昔からいますが、
一般的な評価を受けているのか……?

気になりましたので、
世間的に評価の高い文学賞を受賞しているライトノベル出身作家をまとめてみました。

この記事は、『ライトノベル出身作家の芥川賞直木賞受賞の系譜━冲方丁がこれに続くか?』に
“乱歩賞”を加筆したことを報告する文章です。

これにより、纏めたのは
 “芥川賞”“直木賞”“三島賞”“山本周五郎賞”“本屋大賞”“大学読書人大賞”“乱歩賞”
の計7賞になります。

posted by 七草〔図書館戦争、面白い〕 at 08:01| Comment(0) | ライトノベル書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月02日

直木賞受賞・石田衣良のケータイ小説『ぼくとひかりと園庭で』感想

石田衣良初めてのケータイ小説になります。
 (初出:中日新聞・中日スポーツの携帯サイト「ケータイ小説コーナー」連載小説)

まえがきに
「大人の読者だけでなく、いつか子供たちのために書いてみたいと思っていた。」
と子どもたちへ向けて書いた≠ニありますが、

あらすじとしては、
幼稚園からの友達が、18才になったときナイフを片手に母校の幼稚園に無断侵入し、
3人の子供を刺し殺してしまう……
主人公は彼女と2人、なぜ友達はそんなことをしたのだろうかと
彼の行動履歴を辿りながら事件の真相に近づいていく。

残酷な描写も含みますが
著者はいくつ位の年齢を‘子供たち’と想定して書いたのでしょうか?

この作家は好きですが、この本は人に薦めるほどではなかったです。
私が今までに読んだ著書では、
娼年 (集英社文庫)』・『波のうえの魔術師 (文春文庫)』・『池袋ウエストゲートパークシリーズ
をおすすめします。

余談ですが、
本屋大賞にノミネートされた『植物図鑑』著・有川浩も
初出は別のケータイ小説サイトに連載していたのを纏めた小説です。


ぼくとひかりと園庭で

ぼくとひかりと園庭で

  • 作者: 石田 衣良
  • 出版社/メーカー: 徳間書店
  • 発売日: 2005/11/19
  • メディア: 単行本





posted by 七草〔図書館戦争、面白い〕 at 20:26| Comment(0) | ライトノベル書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月31日

新人賞5冠・日日日の一般文芸『私の優しくない先輩』感想

ライトノベル作家・日日日のデビュー作の一つ。
作者は‘日日日’と書いて‘あきら’と読みます。‘晶’を崩された訳ですね。
デビュー当時‘乙一の再来か!?’と謳われたそうです。
(受賞時、乙一と同じ高校生で一般文芸とライトノベル両方で活躍することが出来る作家として)

実写映画が現在絶賛公開中!の作品になります。
主演は川島海荷とお笑い芸人金田哲(はんにゃ)。
監督は山本寛。(アニメ『涼宮ハルヒの憂鬱』『らき☆すた』などを手がけ商業実写は初)

この著者は作品によっては、グロ描写スプラッタ描写を好んで書かれていますが
この作品に関しては一切なく、恋愛小説となります。
椎名軽穂著 『君に届け』や、ろびこ著『となりの怪物くん』などが好きな女性向けの内容でした。

主催出版元の碧天舎が倒産した為、入手が困難でしたが、
映画公開にあわせて、講談社より単行本が再刊行されました。
この話の後日の物語「吉乃さんはいいひとだから」も新たに書き下ろされています。
いまから読むなら、講談社版をどうぞ!

ちなみに5冠を制した新人賞とは、
・恋愛小説コンテストラブストーリー大賞受賞 『私の優しくない先輩 (碧天舎)
・新風舎文庫大賞受賞 『ちーちゃんは悠久の向こう (新風舎文庫)
 (今年、角川書店から『角川文庫版』 が再刊行しました。
  仲里依紗・林遣都主演で『実写映画化』しました。)
・エンターブレインえんため大賞佳作 『狂乱家族日記 壱さつめ (ファミ通文庫)
 (人気を受けて、『マンガ化』・『アニメ化』・ドラマCD化しました。)
・角川学園小説大賞優秀賞 『アンダカの怪造学(1) ネームレス・フェニックス (角川スニーカー文庫)
・MF文庫Jライトノベル新人賞編集長特別賞 『蟲と眼球とテディベア (MF文庫J)
 (人気を受けて、『マンガ化』・ドラマCD化しました。)


私の優しくない先輩

私の優しくない先輩

  • 作者: 日日日
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2010/06/24
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



posted by 七草〔図書館戦争、面白い〕 at 23:54| Comment(0) | ライトノベル書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月30日

本格ミステリ大賞受賞・乙一の絵本『くつしたをかくせ!』感想

ライトノベル出身作家・乙一が初めて手がけた絵本。
現時点で絵本の刊行はこの一冊のみになります。

あとがきに、
「なにがなんだかよくわかりませんが、絵本を出版することになりました。
ホラー作家らしく、エドワード・ゴーリーさんのような絵本を期待されていたでしょうか。」
とありますが、

内容もなにがなんだかよく解りませんでした。
あらすじとしては、
クリスマスを題材に「サンタはいるのか?」という話になります。
同じくあとがきによりますと、
「以前から温めていた、神さまはいるのか?をテーマとしました。」とあります。

……作品自体より著者によるあとがき・プロフィールのが面白かったです。

余談ですがこの本に限らず、著者のライトノベルレーベルの本は、
著者略歴も作家本人が手がけていて、面白いですよ。



くつしたをかくせ!

くつしたをかくせ!

  • 作者: 乙一
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2003/11/25
  • メディア: 大型本




posted by 七草〔図書館戦争、面白い〕 at 20:25| Comment(0) | ライトノベル書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月28日

直木賞受賞・三浦しをんのライトノベル『妄想炸裂』感想

ライトノベルレーベルで刊行された三浦しをんの本。
内容はエッセイになります。

本や漫画、特に同人誌についての熱い思いが語られています。
一度目は笑えますので、笑いを気にしない場所で読むことをおすすめいたします。
あとはアルバイト先の本屋さんで話題にあがった話、芸能人のおっかけ話など。

イラストレーターも羽海野チカさんと凄い豪華!!
(『ハチミツとクローバー』・通称ハチクロ、『3月のライオン』、『東のエデン』などが代表作)
表紙だけでなく口絵も担当しています。勿論、書下ろしですよ。

背表紙を含め装丁が少し派手で大人には手にとりづらい、
と思われるかもしれませんが三浦しをん好きならどうぞ。

活字倶楽部 2010年 06月号』での
「三浦しをん巻頭大特集」による全著作あらすじでは、

趣味は三味線とサイボン
昭和のスタアをこよなく愛し、三味線の稽古に精を出し、盆栽(サイボン!?)に心を奪われる三浦しをん。
趣味は老成しているが、乙女妄想をフル回転させた対象物への愛の発露はとっても過激。
夢に好きな俳優が出てきたエピソードも披露されるのだが、さすが三浦しをん、
夢からしてはじけまくってる……。


妄想炸裂 (新書館ウィングス文庫)

妄想炸裂 (新書館ウィングス文庫)

  • 作者: 三浦 しをん
  • 出版社/メーカー: 新書館
  • 発売日: 2003/11
  • メディア: 文庫




posted by 七草〔図書館戦争、面白い〕 at 20:33| Comment(3) | TrackBack(0) | ライトノベル書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月26日

直木賞受賞・東野圭吾のライトノベル『目指せ乱歩賞!』感想

週刊少年ジャンプ連載マンガ『こちら葛飾区亀有公園前派出所』(通称・こち亀)
を原作にしたノベライズアンソロジーの1篇になります。

あらすじは、
『主人公・両津勘吉が小説を書けば金になると知る。
聞けば、賞金1000万円の江戸川乱歩賞の締切りは明日までだというではないか。
わしが書けば一番面白いのが出来る、賞金を貰えるも同然ではないか、と
後輩の中川や中川の知人の下読みのプロまで巻き込んで、小説を書き始める』

東野圭吾自身のキャラクターも登場しない、正統派こち亀ワールドが堪能できます。

他のアンソロジー執筆者は以下の通り。
大沢在昌 『幼な馴染み』←直木賞受賞作家
 (新宿鮫 (光文社文庫)シリーズの鮫島警部、青木晶、藪英次が登場するスピンオフ作品)
石田衣良 『池袋⇔亀有エクスプレス』←直木賞受賞作家
 (池袋ウエストゲートパーク (文春文庫)シリーズの真島誠らが登場するスピンオフ作品)
今野敏  『キング・タイガー』←山本周五郎賞受賞作家
 (コラボなしのオリジナルストーリー)
柴田よしき『一杯の賭け蕎麦─花咲慎一郎、両津勘吉に遭遇す─』←横溝正史賞受賞作家
 (フォー・ディア・ライフ (講談社文庫)ほか花咲慎一郎が登場するスピンオフ作品)
京極夏彦 『ぬらりひょんの褌』←直木賞受賞作家
 (どすこい。 (集英社文庫)ほかの南極夏彦・謎の老人が登場するスピンオフ作品)
逢坂剛  『決闘、二対三!の巻』←直木賞受賞作家
 (しのびよる月 (集英社文庫)ほか御茶ノ水警察署シリーズの梢田威、斉木斉、五本松小百合、牛袋サトが登場するスピンオフ作品)

計7名の競演になります。
日本推理作家協会監修とクレジットされている通り、
第一線のミステリー作家によるアンソロジーですね。

……ただ、日本推理作家協会クレジットが曲者で、
「こち亀が好きだから」よりも「協会からの依頼仕事」として受けた面があるのでしょう、
作品により、残念ながらこち亀側キャラクターの性格や呼び合い方に強く違和感を覚える作品が私はありました。

全作品読んだ中で、私がお薦めするは
一番は今野敏さん、二番目に石田衣良さんの小説でした。

イラスト・挿絵は原作者・秋本治さんの書き下ろしによるものです。


こちら葛飾区亀有公園前派出所 小説 (JUMP j BOOKS)

こちら葛飾区亀有公園前派出所 小説 (JUMP j BOOKS)

  • 作者: 京極 夏彦
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2009/09/14
  • メディア: 新書




posted by 七草〔図書館戦争、面白い〕 at 23:10| Comment(0) | ライトノベル書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月24日

芥川賞受賞・長嶋有のライトノベル『エロマンガ島の三人』感想

ライトノベルでの刊行ながら文体は純文学テイストになります。
あらすじは─
ゲーム雑誌で編集者として働く主人公。
その主人公が出した企画が通った。
「エロマンガ島にいって、エロマンガを読もう!」

半ば冗談で出した企画だったのに、会社の上司ときたら、
「エロマンガ島」に行って「エロマンガ」読んで来い。期間は3日やる。

かくして、エロマンガを読む為に3人の大人が海外まで奮闘するという話。

読んだ感想としては、
 一色伸幸原作 『僕らはみんな生きている 上 (ビッグコミックススペシャル)
 三谷幸喜著  『経費ではおちない戦争 (宙ブックスハンディハードカヴァーズ)
に話が似ているかなと思いました。

注・ちなみにエロマンガ島とは、実在するバヌアツ共和国の領土島です。
  興味をもたれた方は世界地図を広げて探してみてください。

私は併録の『女神の石』のが好きかな。
読んでいたら、鬼頭莫宏さんの作風に近いイメージを受けました。
(鬼頭莫宏─漫画家。『ぼくらの』、『なるたる』、『のりりん』などが代表作)

ゲーム雑誌「オトナファミ」での連載小説が初出になります。
(出版社はゲーム雑誌「ファミ通」で有名なエンターブレイン
 文庫としては「ファミ通文庫」「B's-LOG文庫」ともにライトノベルレーベルがあります。)
……ゲーム好きに大人も子供もあるのかな?

今年7月に文藝春秋社「文春文庫」から再刊行されました。


エロマンガ島の三人 長嶋有異色作品集

エロマンガ島の三人 長嶋有異色作品集

  • 作者: 長嶋 有
  • 出版社/メーカー: エンターブレイン
  • 発売日: 2007/05/31
  • メディア: 単行本




posted by 七草〔図書館戦争、面白い〕 at 23:51| Comment(0) | ライトノベル書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月23日

この少女小説がすごい!(直木賞受賞・桜庭一樹による厳選10冊)

瀬戸内寂聴責任編集『the 寂聴 第9号』
特集内容は「少女小説の時代」
(最近は少女系ライトノベルとして括られています)

著名な女性の方達に私の好きな少女小説を挙げてもらうという企画。
モチロン、瀬戸内寂聴さんへのインタビューがメインです。

これに、桜庭一樹さんへのインタビューが6P割かれています。
見出しは「少女は感情の増幅装置」
‘少女を描いた小説’という観点からお薦めを挙げられています。

アラバマ物語』 ハーパー・リー
老首長の国――ドリス・レッシング アフリカ小説集』 ドリス・レッシング
聖少女』 倉橋由美子
少女地獄』 夢野久作
ホテル・アイリス』 小川洋子
エンジェル・エンジェル・エンジェル』 梨木香歩
贖罪』 イアン・マキューアン
後宮小説』 酒見賢一
たったひとつの冴えたやりかた』 ジェイムズ・ティプトリー・Jr.
ずっとお城で暮らしてる』 シャーリィ・ジャクスン

桜庭一樹の著作が好きな方、こちらも読まれてみてはいかがですか?
the 寂聴 第9号  カドカワムック  62483-26 (カドカワムック 323)

the 寂聴 第9号 カドカワムック 62483-26 (カドカワムック 323)

  • 作者: 責任:瀬戸内 寂聴
  • 出版社/メーカー: 角川学芸出版
  • 発売日: 2010/03/15
  • メディア: ムック





posted by 七草〔図書館戦争、面白い〕 at 08:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。