2010年07月31日

新人賞5冠・日日日の一般文芸『私の優しくない先輩』感想

ライトノベル作家・日日日のデビュー作の一つ。
作者は‘日日日’と書いて‘あきら’と読みます。‘晶’を崩された訳ですね。
デビュー当時‘乙一の再来か!?’と謳われたそうです。
(受賞時、乙一と同じ高校生で一般文芸とライトノベル両方で活躍することが出来る作家として)

実写映画が現在絶賛公開中!の作品になります。
主演は川島海荷とお笑い芸人金田哲(はんにゃ)。
監督は山本寛。(アニメ『涼宮ハルヒの憂鬱』『らき☆すた』などを手がけ商業実写は初)

この著者は作品によっては、グロ描写スプラッタ描写を好んで書かれていますが
この作品に関しては一切なく、恋愛小説となります。
椎名軽穂著 『君に届け』や、ろびこ著『となりの怪物くん』などが好きな女性向けの内容でした。

主催出版元の碧天舎が倒産した為、入手が困難でしたが、
映画公開にあわせて、講談社より単行本が再刊行されました。
この話の後日の物語「吉乃さんはいいひとだから」も新たに書き下ろされています。
いまから読むなら、講談社版をどうぞ!

ちなみに5冠を制した新人賞とは、
・恋愛小説コンテストラブストーリー大賞受賞 『私の優しくない先輩 (碧天舎)
・新風舎文庫大賞受賞 『ちーちゃんは悠久の向こう (新風舎文庫)
 (今年、角川書店から『角川文庫版』 が再刊行しました。
  仲里依紗・林遣都主演で『実写映画化』しました。)
・エンターブレインえんため大賞佳作 『狂乱家族日記 壱さつめ (ファミ通文庫)
 (人気を受けて、『マンガ化』・『アニメ化』・ドラマCD化しました。)
・角川学園小説大賞優秀賞 『アンダカの怪造学(1) ネームレス・フェニックス (角川スニーカー文庫)
・MF文庫Jライトノベル新人賞編集長特別賞 『蟲と眼球とテディベア (MF文庫J)
 (人気を受けて、『マンガ化』・ドラマCD化しました。)


私の優しくない先輩

私の優しくない先輩

  • 作者: 日日日
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2010/06/24
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



【関連する記事】
posted by 七草〔図書館戦争、面白い〕 at 23:54| Comment(0) | ライトノベル書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。