2010年07月28日

直木賞受賞・三浦しをんのライトノベル『妄想炸裂』感想

ライトノベルレーベルで刊行された三浦しをんの本。
内容はエッセイになります。

本や漫画、特に同人誌についての熱い思いが語られています。
一度目は笑えますので、笑いを気にしない場所で読むことをおすすめいたします。
あとはアルバイト先の本屋さんで話題にあがった話、芸能人のおっかけ話など。

イラストレーターも羽海野チカさんと凄い豪華!!
(『ハチミツとクローバー』・通称ハチクロ、『3月のライオン』、『東のエデン』などが代表作)
表紙だけでなく口絵も担当しています。勿論、書下ろしですよ。

背表紙を含め装丁が少し派手で大人には手にとりづらい、
と思われるかもしれませんが三浦しをん好きならどうぞ。

活字倶楽部 2010年 06月号』での
「三浦しをん巻頭大特集」による全著作あらすじでは、

趣味は三味線とサイボン
昭和のスタアをこよなく愛し、三味線の稽古に精を出し、盆栽(サイボン!?)に心を奪われる三浦しをん。
趣味は老成しているが、乙女妄想をフル回転させた対象物への愛の発露はとっても過激。
夢に好きな俳優が出てきたエピソードも披露されるのだが、さすが三浦しをん、
夢からしてはじけまくってる……。


妄想炸裂 (新書館ウィングス文庫)

妄想炸裂 (新書館ウィングス文庫)

  • 作者: 三浦 しをん
  • 出版社/メーカー: 新書館
  • 発売日: 2003/11
  • メディア: 文庫




【関連する記事】
posted by 七草〔図書館戦争、面白い〕 at 20:33| Comment(3) | TrackBack(0) | ライトノベル書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
もう見ました、面白いですね
Posted by ブラックラグーン 画像 at 2010年11月16日 17:55
もう見ました ありがとう
Posted by 真月譚月姫 画像 at 2010年11月18日 16:16

ちょっとした、ドキドキがほしいな
http://spl2kzw.love.chu-g.net/
Posted by 夏だからね at 2011年07月30日 07:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。