2010年07月23日

この少女小説がすごい!(直木賞受賞・桜庭一樹による厳選10冊)

瀬戸内寂聴責任編集『the 寂聴 第9号』
特集内容は「少女小説の時代」
(最近は少女系ライトノベルとして括られています)

著名な女性の方達に私の好きな少女小説を挙げてもらうという企画。
モチロン、瀬戸内寂聴さんへのインタビューがメインです。

これに、桜庭一樹さんへのインタビューが6P割かれています。
見出しは「少女は感情の増幅装置」
‘少女を描いた小説’という観点からお薦めを挙げられています。

アラバマ物語』 ハーパー・リー
老首長の国――ドリス・レッシング アフリカ小説集』 ドリス・レッシング
聖少女』 倉橋由美子
少女地獄』 夢野久作
ホテル・アイリス』 小川洋子
エンジェル・エンジェル・エンジェル』 梨木香歩
贖罪』 イアン・マキューアン
後宮小説』 酒見賢一
たったひとつの冴えたやりかた』 ジェイムズ・ティプトリー・Jr.
ずっとお城で暮らしてる』 シャーリィ・ジャクスン

桜庭一樹の著作が好きな方、こちらも読まれてみてはいかがですか?
the 寂聴 第9号  カドカワムック  62483-26 (カドカワムック 323)

the 寂聴 第9号 カドカワムック 62483-26 (カドカワムック 323)

  • 作者: 責任:瀬戸内 寂聴
  • 出版社/メーカー: 角川学芸出版
  • 発売日: 2010/03/15
  • メディア: ムック





【関連する記事】
posted by 七草〔図書館戦争、面白い〕 at 08:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。