2010年07月21日

お薦めライトノベルガイドブック(ソノラマ文庫から電撃文庫・講談社ノベルスまで)


ライトノベル☆めった斬り!

ライトノベル☆めった斬り!

  • 作者: 大森 望
  • 出版社/メーカー: 太田出版
  • 発売日: 2004/12/07
  • メディア: 単行本



高千穂遥『クラッシャージョウ』・氷室冴子作品から有川浩『空の中』・西尾維新作品・成田良悟『デュラララ!!』・谷川流『涼宮ハルヒの憂鬱』まで新旧の名作群をめった斬り!

一冊の情報量としては凄いです!
今までに出たライトノベル系ガイドブックで一番の密度ではないでしょうか?
間違いなく、少女系ライトノベルの紹介量は突出しています。
男子女子系レーベル比=6・4位。女子系のガイドブックは貴重です……

紹介されている代表的ライトノベルレーベル
(電撃文庫、角川スニーカー文庫、富士見ファンタジア文庫、講談社ノベルス、講談社BOX、ファミ通文庫
 角川ビーンズ文庫、MF文庫J、メディアファクトリー文庫、コバルト文庫、ソノラマ文庫)


ライトノベル完全読本 (日経BPムック)

ライトノベル完全読本 (日経BPムック)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 日経BP社
  • 発売日: 2004/07/24
  • メディア: 単行本



ライトノベル30年史の情報量が凄いです!あとライトノベルの源流を作ったといわれる
平井和正さんへのインタビューが電撃文庫で書いた作品紹介とともにあります。
あとは主要レーベルの特色一覧(代表的作家・代表作品)とガンダム小説大全があります。
内容としては、少年・少女レーベル=9・1の割合で割いています。


このライトノベル作家がすごい!

このライトノベル作家がすごい!

  • 作者: 『このミステリーがすごい!』編集部
  • 出版社/メーカー: 宝島社
  • 発売日: 2005/03/29
  • メディア: 単行本



人気ライトノベル作家へのインタビュー集になります。
主な作家に時雨沢恵一、成田良悟、橋本紡、桜坂洋、桜庭一樹、ヤマグチノボルほか。
壁井ユカコ、有川浩、鎌池和馬らは対談の形で参加されています。
電撃文庫組が多いです。


このライトノベルがすごい! SIDE-B

このライトノベルがすごい! SIDE-B

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 宝島社
  • 発売日: 2008/08/07
  • メディア: 単行本



人気イラストレーターへのインタビューとライトノベルレーベルの始祖とされる
朝日ソノラマの「ソノラマ文庫」の特集が目玉です。
ソノラマ文庫が休刊してしまった今となっては、
編集長へのインタビュー録と「刊行作品一覧」の目録は大変貴重かと……


ダヴィンチ 2008/04月号

ダヴィンチ 2008/04月号

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: メディアファクトリー
  • 発売日: 2008/03/05
  • メディア: 雑誌



第一特集は『ライトノベルは終わったのか?』
現時点、最新のライトノベル作品書評になります(毎年末ガイドブックは出ています)

桜庭一樹さんが7人目のライトノベル出身の直木賞受賞作家となったことで、次に獲る次世代の直木賞作家はこの人だ!
と、既に一般文芸で本を出している作家の中から6名、今後一般でも活躍を見込まれる文章力のある新人作家を数名、また大手レーベルの編集部からそれぞれ「うちのイチ押し本」の紹介があります。

他にもガイドブックを読んでいますが、上記5点を特にオススメします。
乙一、冲方丁、小川一水は10代でデビューしているんですね。

最新の人気ライトノベル作品の手引きとしては、
このライトノベルがすごい! 2010』が良いかと思います。

人気ライトノベル作家の変遷が分かります。
(鎌池和馬、成田良悟、井上堅二、伏見つかさ、雪乃紗衣、
 ヤマグチノボル、支倉凍砂、平坂読、竹宮ゆゆこ、葵せきな、あたり今が旬な様です。)

【関連する記事】
posted by 七草〔図書館戦争、面白い〕 at 22:04| Comment(0) | ライトノベル書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。