2010年09月18日

三島賞受賞作家歴代リスト【文学賞】

純文学系文学賞「三島由紀夫賞」の
受賞作家作品一覧─

主催  :新潮文芸振興会(新潮社の外郭団体的位置づけの財団法人)
選考委員:小川洋子、川上弘美、辻原登、平野啓一郎、町田康の5名(2010年9月現在)
賞金  :記念品及び副賞百万円

年1回実施
回(受賞年) 受賞者 受賞作品 掲載誌
-----------------------------------------------------------------------------

第1回(1988年)高橋源一郎『優雅で感傷的な日本野球』 河出書房新社 1988年3月刊
第2回(1989年)大岡玲 『黄昏のストーム・シーディング』 「文學界」 1988年12月号
第3回(1990年)久間十義『世紀末鯨鯢記』 河出書房新社 1990年3月刊
第4回(1991年)佐伯一麦『ア・ルース・ボーイ』 「新潮」 1991年4月号
第5回(1992年)なし   『なし』 なし
第6回(1993年)車谷長吉『鹽壺の匙』 新潮社 1992年10月刊
第6回(1993年)福田和也『日本の家郷』 新潮社 1993年2月刊
第7回(1994年)笙野頼子『二百回忌』 「新潮」 1993年12月号
第8回(1995年)山本昌代『緑色の濁ったお茶あるいは幸福の散歩道』 河出書房新社 1994年10月刊
第9回(1996年)松浦寿輝『折口信夫論』 太田出版 1995年6月刊
第10回(1997年)樋口覚 『三絃の誘惑―近代日本精神史覚え書』 人文書院 1996年12月刊

-----------------------------------------------------------------------------

第11回(1998年)小林恭二『カブキの日』 「群像」 1998年4月号
第12回(1999年)鈴木清剛『ロックンロールミシン』 河出書房新社 1998年6月刊
第12回(1999年)堀江敏幸『おぱらばん』 青土社 1998年3月刊
第13回(2000年)星野智幸『目覚めよと人魚は歌う』 「新潮」 2000年4月号
第14回(2001年)青山真治『ユリイカ―EUREKA』 角川書店 2000年12月刊
第14回(2001年)中原昌也『あらゆる場所に花束が…』 「新潮」 2001年4月号
第15回(2002年)小野正嗣『にぎやかな湾に背負われた船』 「小説トリッパー」 2001年秋季号
第16回(2003年)舞城王太郎『阿修羅ガール』 新潮社 2003年1月刊
第17回(2004年)矢作俊彦『ららら科學の子』 文藝春秋 2003年9月刊
第18回(2005年)鹿島田真希『六〇〇〇度の愛』 「新潮」 2005年2月号
第19回(2006年)古川日出男『LOVE』 祥伝社 2005年9月刊
第20回(2007年)佐藤友哉『1000の小説とバックベアード』 新潮社 2007年3月刊

-----------------------------------------------------------------------------

第21回(2008年)田中慎弥『切れた鎖』 新潮社 2008年2月刊
第22回(2009年)前田司郎『夏の水の半魚人』 扶桑社 2009年2月刊
第23回(2010年)東浩紀 『クォンタム・ファミリーズ』 新潮社 2009年12月刊

-----------------------------------------------------------------------------
選考過程(新潮社HPより引用):
本賞は下記の規定により、文学の前途を拓く新鋭の作品一篇に授賞する。
一、選考の対象は、小説、評論、詩歌、戯曲とする。
一、四月一日より三月三十一日までに発表された作品を選考の対象とする。
一、選考委員の任期は四年とする。
発表誌は「新潮」とする。

posted by 七草〔図書館戦争、面白い〕 at 09:22| Comment(0) | ライトノベル新人賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。